面接・カウンセリング

◆個別面接・カウンセリング・訪問カウンセリング

面接について受付する相談内容に制限はありません。

主として引きこもり、高校中退、不登校、子育て等の人間関係における自己喪失感へのカウンセリング、高齢者と偏差値世代の世代間ギャップの悩み、職場、地域における人間関係のトラブル等。

コミュニケーション不全(ふれあいたいのにふれあえない悩み)による強迫性障害、パーソナリティ障害には関係性の癒しを柱に「治療」ではなく「治癒」に取り組んでいます。

医療機関ではありませんが、カウンセリングの必要性のある方については積極的に医療とも連携しています。

 

代表/富田富士也(教育・心理カウンセラー)

チーフカウンセラー/荻野ゆう子(教育・心理カウンセラー)